男性女性

自分の情報を漏洩しないためにも盗聴を発見できる術を知ろう

ストーカーが気になるなら

オフィス

家の中に盗聴器が仕掛けられているかもしれない場合は、盗聴器調査会社に依頼すれば、実際に仕掛けられている盗聴器を発見してもらえます。依頼する時は、業者が新型の機材を使用しているかを確認することがポイントです。

もっと読む

浮気を調査するための機器

社内

結婚相手が浮気しているかも知れないと感じているなら、gpsを利用して日々の行動を追跡してみましょう。なお、gpsを相手に所持させるのは難しいと考えている方に向けて、自動車に取り付けるタイプの製品も用意されています。

もっと読む

プライベートを守る

男の人と女の人

電子機器の発展によって、ワイヤレスマイクロホンは小型化が進み、目立たない大きさにまでなっていますが、これらを悪用して、プライベートな会話を聞き出そうということも行われています。いわゆる盗聴と呼ばれるもので、コンセントや家電機器などに組み込み、会話を聞き出そうというものです。盗聴器はその性質上、簡単には見つけられないように工夫されており、普通に生活している上では発見することは困難です。このため、盗聴器発見では専用の探知機を用いて行われます。この際にアナログ式の盗聴器は、市販されている無線傍受機を使えば比較的発見しやすいものですが、発見されにくいように工夫がされた盗聴器では、より専用の探知機がなければ発見することは困難です。

盗聴器を発見するための選択肢としては、自身で機材を購入して行うか業者に依頼するかの2つの選択肢があります。機材を購入して自ら行う場合には、機材の購入費用も必要ですし、また機材が対応しているものしか見つけることができないなど効率が悪いものです。確実に発見するのであれば、業者に依頼するのが無難です。調査費用は業者によって変わってきますが、一般的には簡易な調査では2万円から6万円程度が相場となっています。徹底的に調査をしてもらう場合には、10万円を超えてきます。これらの調査では、発見時の報酬や撤去費用も含まれています。料金プランの差としては、調査する周波数帯の違いで、徹底的な調査ではより広範囲の周波数を調査して盗聴の有無を調査してくれます。

高機能GPS

女の人

小型GPSは普段見慣れない道具なので、場合によっては専用のアプリを入れたスマホなどの方が良い場合がある。もちろん小型GPSにもバッテリーの持続性は隠匿性などの面でメリットがあるので、うまく使い分ける以外に設置場所に注意しましょう。

もっと読む